Loading...
contemporary art
Taro Otani
painting & graphic design
Taro Otani

smartphone case & more

taro otani

大谷太郎*公式サイト。 more profil

painting, % 50
drawing, % 25
design, % 25
日本発オリジナル絵画の制作
多様なライフスタイルと
日本の生活空間にあった絵を描く事を
コンセプトにしています。

プロフィール*略歴
1979 横浜生まれ。
2004 国立カールスルーエ造形芸術アカデミー卒業。
2006よりベルリンで制作動。
2013より横浜在住。

ART Works

こちらより油彩画/水彩画/素描の作品をご覧頂けます。
他にトップメニュー/WORKSよりモチーフ別のカテゴリー作品を紹介しています。

Latest News ブログへ

油絵の新作更新しました!
Otani | 30.AUGST.2016
GALLERY TAGBOATより新作を販売開始しました!
紫陽花*油彩Xキャンバス(額付き)91X116cm 2016
もっと読む
SAATCHI GALLERY
Otani | 30.AUGST.2016
海外向けにはじめました。
SAATCHI GALLERY*USAより絵画のオンライン販売
を開始しました。今後販売作品を随時アップいたします。
ギャラリーへ
コンセプト
Otani | 14.May.2016
1999年から今日まで絵についての考えてきた事の
変化をまとめてみました。
Concept 1999-2016
もっと読む

products

油絵を自分の描き方で描きたい。

大谷太郎
油絵をどうすれば違和感なく自然なかたちで描く事ができるかが僕にとっての大きなテーマのひとつです。 ドイツにいた間もずっとそれが課題でした。
いわゆる日本の*洋画* を見る立場で眺めた時になにか違うんだよなあと。

理由は恐らく欧米の巨匠と呼ばれるひとの絵をなぞるからだと思います。絵の中で自分のかたちを見つけた巨匠は もちろんすごいし僕もいろんな人の影響を受けました。好きな絵描きもたくさんいます。

だけどいくらなぞっても僕がその巨匠になる訳ではないし、時間がかかるけど自分の絵の描き方は自分で描きながら探して見つけ出すしかない。
自分のスタイルを見つける事を課題にした時から欧米の美術は「目標」ではなく僕にとって世界に色々ある美術の一つという横の関係に変わりました。

現代美術のあれこれをうしろからなぞったり、空疎な言葉遊びと描く事をすり替えたりするより今日の日本で普通に生きている自分にとって自然な絵を描く方が「現代的」だし「自分の絵」を描いた方が 世界中にいる絵が好きな人に届く。僕はそう考えています。

描いた絵をプリントグッズに。

大谷太郎
いわゆる「ファインアート*絵画」をはみだしてプリントグッズ制作を本格的に 2015年からはじめる事にしました。
ドイツ絵画教育でたくさんの事を学ばせてもらいました。敬意を持ちつつ描きながらどうしても 向こうの美術の枠の中でうまく収まれず色々やってみたくなる事をいつか日本に帰ったら 全部やりたいと思っていました。
日本の方が自由でやりやすい面もある。
いわゆる現代美術の世界で語られる「新しさ」は 想定している範囲が狭いから僕はすでに飽きています。
絵は絵のままで、伝統的な描き方に足場を置きながら 「枠」にこだわらなければこれまでのパターンを出て今日にふさわしいかたちに応用するやり方はたくさんあると思います。これから一つ一つかたちにしていきたいと考えています。

絵を着てみる。

大谷太郎
油絵と水彩画をTシャツにプリントして販売中です。 現在5種類の白地のレディース/メンズTシャツを制作しています。
ロゴになりそうな感じの絵も随時描いているのでモノトーンのTシャツも 今後増やして行く予定です。

持って歩ける絵。

大谷太郎
手帳型ケース/ハードカバーケースにオリジナル絵画をプリントしました。 今日のライフスタイルにあった新しいキャンバスと据えています。
すでに50点以上の デザインを制作し、たくさんの方にご購入頂いております。
季節に合わせた風景や色のケースを定期的に新しく提案させて頂いています。

絵のアクセサリー。

大谷太郎
絵をプリントしたアクセサリーをハンドメイドサイトより販売中です。 キーホルダーやゆびわ、ブローチなど手のひらに収まるアクセサリーです。
オンラインの他にリアルイベント等での販売も行っております。お求めやすい価格の 「身につけられる絵」を随時更新しておりますのでご覧下さい。


original print

オリジナルの油絵や水彩画をプリントグッズとして制作販売しています。「絵をより身近に感じて頂けるように」が コンセプトです。


CONTACT

TEL
080-3714-8170
Address
〒220-0004
神奈川県横浜市西区
北幸1−11−1
水信ビル7F
go to BLOG